漢方

2009年11月27日 (金)

これからも漢方が健康保険で使えるように

最近話題の事業仕分けですが、事業仕分けで医療用漢方製剤を健康保険から除外するっていう案が出されたのしってました?

さんざんワイドショートかニュースとかみてましたが、今日旦那ちゃんから教えてもらうまで全く知りませんでした。

私は今漢方薬にお世話になっているし、体質を改善していくには自然の力を借りた方がいいよなってとっても思います。

痛みがあるとか症状がはっきりしているものには西洋医学のお薬でもいいのかもしれないけれども、不妊とかの不確定なものには西洋医学よりも漢方などの東洋医学がいいと思うんだけどな。

日本東洋医学会では、医療用漢方製剤の健康保険からの除外に反対するために署名を集めているようです。

漢方を健康保険で使えるように署名のお願い

電子署名と書式署名の両方で署名を集めているようです。

携帯電話のかたはこちらから電子署名できます。

賛同して頂ける方はぜひよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

| | コメント (29) | トラックバック (4)

2009年4月13日 (月)

大きくなっているのかなぁ?

この間も書きましたが、今一日おきに注射に通っております。

注射しているのはゴナピュールというお薬です。
4/7・9・11・13と1日おきに通ってます。
9日は診察もあって、結果卵胞は9.8mm 内膜10mmでいい感じみたいです。

ただ、副作用のことを聞いていたので、毎回同じようにおなかが痛いはずなのに、ちょっと気になります。

あ、でも、クロミッドの時はちょっと楽だったのに、それよりはつらいかも?
何でだろう?ちゃんと内膜そだってるから?
あと、仲良しの時に、すごく窮屈な感じが・・・も、もしやおなかの中が腫れてきてしまっているのか?
まあ、明日は診察なので聞いてみよう。

そういえば、土曜日に旦那ちゃんと一緒にかかりつけの漢方のお医者さんのところに行ってきました。

たまに胃に走る激痛はここのところ治まっていたのですが、またいつ現れるかわからなかったので、旦那ちゃんの通院ついでにみてもらうことに。

前回、不妊症のことも相談していたので、そのことも考えてくれていたらしく、漢方でいうところの脾をよくしていきましょうということになりました。

この脾をよくすると、内臓が元気になって、胃の調子もよくなるし、内臓がよくなると、血糖値の方の安定してきて、子宮の調子もよくなって妊娠につながるんじゃないかと。

ということで脾をよくするために六君子湯を頂いてきました。
妊娠するのには問題はないが、妊娠の継続には影響があるかもしれないということだったので、妊娠がわかった時点で飲むのやめてもう一回診察にいかないとですね。

とはいえ、薬が無くなる前に妊娠するってことはなさそうですが・・・。(´・ω・`)

薬剤師さんも言ってましたが、体をちゃんとしてあげたら、妊娠しやすくなるんだそうで。
母胎が元気じゃなかったら、妊娠もしにくいよね。確かに。
それは無理矢理卵大きくしても、なかなか妊娠できないよなぁとかおもったり。

まあ、とにかく、次の周期はお休みだ~♪

医療費(まとめて)

  • 再診料・・・700円
  • 注射・・・2200円

合計・・・2900円 自己負担・・・870円

4回分合計・・・3480円

内科

  • 診察・・・290円
  • 薬・・・730円

合計・・・1020円

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

ドーパミン、ドパドパ。

私のことではありません。
旦那ちゃんのことです。

私は妊娠をするというのもあるので、内科と婦人科と一緒にある市民病院に行っていますが、ちょこちょこ体調崩している旦那ちゃんは、最初私が通っていた漢方のお医者さんのところに通院しています。
証を見て必要なら検査や、漢方薬以外の薬も処方してくれたりします。

ストレスで体調を崩していると言うことで、しばらく通っていて、今までは4種類の薬を処方されていました。
ツムラ補中益気湯
ツムラ黄耆建中湯
ツムラ四逆散
ツムラ釣藤散

の4種類。

で、先生にドーパミンとセロトニンの検査を勧められて、やってみた結果、
セロトニン(基準値52~200)・・・114
ドーパミン(基準値0.5~6.2)  ・・・ 39
ドーパミンが基準値の6倍くらいありました。

お医者さんはドーパミンが増えるといらいらしたり考えがまとまらなかったりするから、抑える薬を出しましょうということで新しくお薬追加

ツムラ抑肝散加陳皮半夏

っていうのが増えました。
「神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉の“こわばり”や“つっぱり”をゆるめて、心と体の状態をよくします。吐き気や食欲不振にもいいです」(サイト:おくすり110番さまから引用)

私の中で、ドーパミンが多いっていうのは、常にハイテンションなイメージで、親父ギャグ連発したりとかはドーパミンのせいなのかなぁと勝手に思ってみたり。
そもそもドーパミンって何するんだろうと思っていろいろ調べてみたら、
ドーパミンは脳を覚醒させ、集中力を高めたり、ストレスの解消や楽しさ心地よさといった感情を生み出す働きをもっています。また人間が物事を行う時の動機付けの役割や恋をしているときにあらわれる身体に表れる症状(顔が赤くなるなど)もドーパミン が関係しています。」(サイト:サプリメント図書館様から引用)

ってことは、いつも私が居るからドーパミンいっぱいなの!?っていったら、はいはいってさらっと流されました。
まあ、それはおいておいて。

やっぱりドーパミンはストレスによって多く分泌されるみたいです。
ドーパミンが増えると食欲が増し、ストレスに対抗するためにセロトニンをたくさん作ろうとすると糖分が必要なため、結果的に太ってしまうんだとか。

(余談ですが、通常、血糖値130位で満腹中枢が働いて食欲ストップするらしいですが、ストレスや肥満でそのリミッターになってる血糖値の値がずれてどんどん食べ続け、食欲増進作用のあるインスリンがどんどん出てますます食べるっていう悪循環になったりすることがあるらしい。)

といろいろ調べてみたものの、旦那ちゃんの症状にしっくりってのはあまりなく、まあ、お医者さんに見てもらっているので、しばらく様子を見てみましょう。

そして本人は今日はお休みしました。
頭が痛いらしいです。
お薬効いてきてバランス変わってきたからとかかなぁと勝手に思ってみたり。

元気になってくれるといいんだけどなぁ。

☆★参加してます。クリックお願いします!☆★
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)