« 子宮卵管造影 | トップページ | どうしよう? »

2008年10月 7日 (火)

卵管はOK

旦那に病院に連れて行ってもらい、無事検査を終えて帰って参りました。

結果は卵管は両方通ってます。とのこと。
左の方が通りやすくなっていて、右はちょっと通りにくいかと思ったけど、おなか揺らしたら通ったので両方OKでした。

検査の順番がなんかおかしかったらしく、予約していったのに1時間くらい待たされました。
ようやく検査になったわけですが、そんな状態なので結構ばたばたな雰囲気のなか検査しました。

レントゲンの台にのって膝たてて行います。
まず、内診の時と同じ器具を使って、子宮の入り口を消毒し、カテーテルを入れます。
ここでちょっと違和感と痛みがありました。先生は痛かったら言ってねと言っていましたが、まだ我慢できる範囲。
その後、そのカテーテルの先をふくらましたんだと思うんですが、ここで痛いやら気持ち悪いやら、どこまで我慢した方がいいのかわからず、どうしようと思っていたら、大丈夫?と聞かれ、痛いですと申告。
あまり我慢すると後で大変ということだったので、ちょっとゆるめてもらい、その後造影剤注入。
そして悶絶(笑)
痛いんだけども、注意書きにおなかの力を抜くように書いてあって、努力するんだけれども、無理TT
そしたら先生が口で息をしてって言うので、口で息してたら、どんどん息が荒くなってしまった^^;
で、レントゲンを1枚取って、その後中の造影剤をちょっと抜いてもらって、また1枚取って終了。
抜いたら楽になりました。
ずっとあのまま痛いのかと思ってどうしようかと思った(笑)
その後はいつもの痛みに戻って、少し気持ち悪い気もするけど、たぶん気のせいでしょう^^;
結構大丈夫です。胃カメラに比べれば検査後は天国(笑)

造影剤が通り抜けたので、卵管の通りがいつもよりいいらしく、ここ何ヵ月間は妊娠しやすいみたいです。
ただ、問題はやはり糖尿病。
hA1cが6.8あって、これはちょっと妊娠は危険ということで、インスリンで下げてから妊娠がんばりましょう。だそうで。
今回の排卵では妊娠をさけて、まずは内科の診察を受けることになりました。
市民病院の中の婦人科と連携を取っている内科の先生がいるそうで、そちらの先生にあさって診察を受けることになりました。
一応念のため抗生物質を1日分処方され、終了でした。

今日の診療費

  • 初・再診料    ・・・700円
  • 検査        ・・・7130円
  • その他       ・・・680円

診療費合計8510円 自己負担2550円

  • 薬代(抗生物質) ・・・360円

なんか、子宮腺筋症のブログと言うよりは糖尿病ブログになりそうな雰囲気。
タイトル替えようかしら?

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ参加してます。

|

« 子宮卵管造影 | トップページ | どうしよう? »

不妊」カテゴリの記事

市民病院」カテゴリの記事

検査」カテゴリの記事

産婦人科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1063418/24339416

この記事へのトラックバック一覧です: 卵管はOK:

« 子宮卵管造影 | トップページ | どうしよう? »